オフィシャルブログ

SNS

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

IMG_1270.PNG

随分と昔からあるインターネット上の誹謗中傷。
不特定多数のやり取りができるのが災いして、有名人の自殺はこれで何例目なんだろう。
インスタグラム、ツイッター、ラインなどなど沢山のSNSの普及で色んな情報を発信できるので、便利でとてもありがたい反面怖い事も同じだけある。
個人を特定して情報を晒したり、フェイクニュースで人を陥れたりする人も数多くいる。

世の中自己責任的な風潮が強くなってきた部分もあるが、いわれのない被害を受けて自己責任では済まない。
ネット上にはあらゆる不満の嵐が吹き荒れている。
良い人も悪い人も沢山いる。
三浦春馬もどんな経緯で自殺するまでになったのか今になっては本人しかわからないが、そうなってほくそ笑んでる輩もいるのだろう。

ネットの闇は深い。

取締る法律もまだまだ整備されてない。

身の危険を感じたら全てを閉鎖するのも一つの案だと思う。

それが無くても生きてはいけるわけだから。

まだ30歳、将来を期待され皆が羨む容姿と才能に恵まれても悲劇は起こる。

画面越しにしか知らない青年だけど、勿体ない事だ。